アイスの実と相性の良いお酒について考える

なごやかな大福豆です。さっそくですが今回は、SNSで話題のアイスの実 × 酒から「どんなお酒が1番アイスの実と相性が良いのか」選手権を開催します。

 

実際に飲み比べるお酒はこちらの5種類…

 

 

… と思ったのですが、

HANABIスパークリングはアイスの実を入れず飲み切ってしまったので、今回は4種類を飲み比べます。ちなみにHANABIはスパークリング日本酒で白ワインのようにすっきりとしたお酒です。日本酒が飲めなくてもこれは飲める。ちなみに個人的におススメしたいスパークリング日本酒はですかね。

 

ぶどうって1番人気ありそうなのに売れ残ってたよ

 

すこし話が脱線しましたが、アイスの実は桃とグレープを使用します。子どもの頃、アイスの実ってひとつの箱にたくさんの味が入っていたような気がするんですが、いまは一袋に一味なんですね。味が混ざらないよう配慮されているのかな。ちなみにアイスの実から推奨されてる食べ方のように袋からそのままを食べると、舌が氷にやられて引っ付いてしまうので注意が必要です。

 

① ほろよい(グレープ)

それではさっそく飲んでいきましょう。1番手は1番無難で1番定番のほろよいからぶどうをチョイス。ちなみにオレンジのアイスの実とカシスのお酒で飲むとカシスオレンジになるそうです。実にオシャレですね。

 

ほろよいってめちゃめちゃジュースですよね

 

 

ネットの海に「かわいい!インスタ映え♡」などといったコメントとともに多量のアイスの実に酒を注いでいる画像がいくつか出てきたので、それらに倣って欲張りにアイスの実をどばどば転がしてみました。桃のアイスの実が白玉にしか見えない

 

注いで

 

注いで…

 

あっ!

 

どうみても白玉なので白玉たべたいな~とか思いながら注いでいたら こぼれてしまいました。あたり一面にぶどうのフルーティな香りが漂います。ひとりで撮影するのは大変ですね… カメラマン雇おうかな… 。

 

横から見ても白玉

 

上から見ても白玉

 

ブドウ味にフルーツアイスが加わり、冷+甘でジュースのようにゴクゴク飲める。さすがほろよい。めちゃくちゃおいしい… とそこで通常ほろよいとの比較のため缶に残っているほろよいを一口。そこで気付く、ほろよいは単体でもおいしい。むしろアイスの実をいれる意味。味、変わってないのでは?

しかし、アイスが溶けてくるとアイスの泡が凄まじいことになりゲロ甘に。そうなると甘すぎてとても飲めたものではなくなってしまうので、アイスの実は少量ずつ入れたほうが吉。そしてはやめに飲みきったほうが良いですね。

 

結論:ほろよいはアイスの実いれないほうがおいしい。

 

 

② STRONG DRY

 

 

お次はすべてが何もかもが嫌になったときに無心で飲みたくなるSTRONG DRY。コクのあるキレッキレな飲み口と何者にも媚びてこない味が魅力ですが、こちらもアイスの実と混ぜてしまいましょう。

 

シュウワァァァァァァアア

 

えっ?梅干し!?(若干手が震える)

 

泡がすごい

 

完全に梅干し

 

STRONG DRY にはグレープのアイスの実を4つ使用。透明なお酒なのでいれはじめた当初はとてもきれいですが、その強炭酸ゆえかすさまじいスピードでアイスの実が溶け始めすぐさま見るも無残な梅干しになってしまいました。写真を撮るにしても速度が命。まさに蜉蝣。アイスが完全に溶け切ったあと、撹拌して飲んでみると得も言われぬ味に。

 

結論:両者は相容れることができない。ブドウは邪念。

 

 

※ このあたりから絶妙にアルコールがまわり、味わって飲むというよりアルコールを摂取するということに味覚や脳神経がシフトしてしまったので、味を記憶しておらずレビュー続行が不可能になってしまいました。微かな記憶を頼りに書いた文章をこの後もお楽しみください。

 

③ はちみつのお酒

 

 

続いては たまにSNSで叩かれているのを見かける山田養蜂場のはちみつのお酒。パッケージの神聖さに惹かれて購入したのですが、これがもう本当に蜂蜜。とろみのない蜂蜜。濃厚でハニー風味♡などと甘っちょろいもんではなく、蜂蜜蜂蜜の威厳を感じる味。全国の蜂蜜好きの方は是非お試しください。

 

神棚に飾ってありそう

 

いれすぎてしまった感

 

こちらは蜂蜜の濃厚さに圧倒されアイスの肩身が狭くなってしまった感が否めない出来栄え。アイスが溶け切ったあとは蜂蜜と微かなハーブ、アイスの実のフルーツ感と甘味が合わさって独特な小児用シロップ(薬)に似た味になってしまいました。その後、氷を入れておいしくいただきました。

 

結論:蜂蜜つよすぎ養命酒は小児用の水薬

 

 

④ APPLE WINE

 

 

 

最後はここ数ヶ月 近所のスーパーのお酒コーナーにピックアップされているアップルワイン。ウィスキーと合わせるとおいしいみたいですが、単体でもリンゴの香りがおいしい。アイスの実に少量のワインを注いで飲んでみましたが…  

 

結論:アイスの実である必要性に疑問を感じる味(あまり味を覚えていない)

 

 

アイスの実 × お酒 まとめ

アイスの実がフルーツ味なのでフルーツ風のお酒に合わせたらおいしいかと思いましたが、アイスが溶け切ったあとは甘すぎるかまとまりのない味になってしまいました(入れた直後はおいしいけれど、それはほぼお酒本来の味なので除外します)。味が濃いお酒と合わせるとアイスの実の味を最大限引き出すことができないのでNG。

今回飲んだ4種類のお酒から、アイスの実とお酒は別々に飲むのが良い(と個人的には思われます)が、もし合わせて飲むのであれば、少量のアイスの実をさっぱりめのお酒と合わせて楽しむのが正解だと思いました。あとアイスの実の味とお酒の味の相性を考えてから飲んだほうがよさそうですね。カシスオレンジとかカフェオレ牛乳とかは確実においしそうまさかの最後まで味を覚えていないという無残な結果になってしまった点は猛省。次回からメモを取りながら検証を進めます。

 

ちょうど1年前くらいに発売されていた期間限定 氷結「loves アイスの実」、残念なことに筆者は飲むことがないまま終わってしまいましたが、今月第2弾が発売されるみたいです。みんな飲もうね。

 

コラボレーション商品第2弾として、「アイスの実®」の人気フレーバー「ぶどう」を「氷結®」流にアレンジした「キリン 氷結® meets アイスの実 TM(期間限定)」(350ml 缶、500ml 缶)を共同で開発し、6 月 16 日(火)より全国発売します。

https://www.kirin.co.jp/company/news/2020/0519_01.pdf

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました